About

SoulTrees_Yoh.jpg

在籍メンバー

川越好博(Pf) 2003~2021

筒井香織(Cla,Rec) 2003~2021

北辻みさ(Vn) 2003~2005

藤本美樹(Vn) 2005~2006

伊藤恭子(Vn) 2006~2010

テイセナ(Vn) 2010~2021

西村健(G) 2018~2021
 

アコースティック・アストゥーリアス 活動歴

2003 年、リーダーの大山曜がクラシック畑のメンバーを集め、アストゥーリアスの室内楽編成版として結成

ガットギター、ピアノ、ヴァイオリン、クラリネット&リコーダーの4人編成で活動を開始

翌年ミニアルバム「 Bird Eyes View 」のリリース、国内外プログレマニアの間で注目を集める。
2005 年、メキシコで行われた世界最大のプログレフェスティバル「 BajaProg 」に日本代表として出場。
翌年フランス、イタリアのフェスティバルに招かれ3 本のライブ公演を成功させる。
2006 年11 月、avex io よりメジャー移籍第一弾「 Marching Grass on the Hill 」を発表。

メロディアスかつドラマチックな、世界でも類のないアコースティックユニットとして注目を浴びる。
2011 年、4年ぶりとなる新作「Legend of Gold Wind」をリリース
2019 年5月、2006 年以来2 度目となるProgSud 参加を含むフランスツアーを実施。
2022 年1月、第一期アコースティック・アストゥーリアス解散が発表される。 

2022 年8月、新メンバーが発表され第二期アコースティック・アストゥーリアスとして活動再開。

players

Yoh_Edit.jpg
Hoshino_photo_e.jpg
towa kitagawa 031_ok_e.jpg
Nubia_e.jpg
大山曜(GutGuitar)
Yoh Ohyama
星野沙織(Violin)
Saori Hoshino
北川とわ(Piano)
Towa Kitagawa
ヌビア(Cello)
Nubia
大山曜(GutGuitar)Yoh Ohyama
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

​作編曲家、マニピュレーターとして、様々なアーティストのサポート、楽曲提供、BGM 製作と幅広く活動。
1987年 「アストゥーリアス」を結成し、キングレコードより 3 枚のアルバムを発表。 
2003年 クラシック畑の演奏者を集めて「アコースティック・アストゥーリアス」を結成、"プログレ+室内楽"という新ジャンルを確立。
2008年 多重録音作品「樹霊」をリリースし、初期アストゥーリアスのスタイル(マルチ・アストゥーリアス)を復活。
2009年 バンド編成の「エレクトリック・アストゥーリアス」を結成。
以後、マルチ、アコースティック、エレクトリックの3つの形態で積極的な活動を続けている。
2022年 新編成にて「アコースティック・アストゥーリアス」活動再開を発表。

星野沙織(Violin)Saori Hoshino
  • ホワイトTwitterのアイコン

国立音楽大学附属高等学校を首席で卒業し、2010年3月、国立音楽大学を首席で卒業、同時に武岡賞受賞。

2011年に全日本芸術協会主催のソロリサイタルをウィーンホールにて開催。2014年3月、桐朋学園大学院大学を修了。
現在、フリーで演奏活動をするかたわら、国立音楽大学附属小学校の非常勤講師を務める。

2015年、ティートックレコードより「Piazzolla for Two」をリリース。また、2017年には初のオリジナルアルバム「Overdose」を、

2020年にはワルキューレレコードより、8弦エレキギターとのユニット「soLi」としての初のアルバム「soLi」をリリース。

また、テレビ番組、ゲームへの楽曲提供など、近年は作曲にも注力しつつ、さまざまな音楽ジャンルに関わっている。

北川とわ(Piano)Towa Kitagawa
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

桐朋学園研究科作曲専攻終了。

2015年自身の音楽を追求するためジャズ、プログレ、現代音楽などを融合したピアノトリオ「Trussonic(トラスソニック)」の活動を開始。

全国でライブ活動を展開、ジャンルを超えた音楽ファンから支持を集める。

2016年デビューCDリリース、以来5枚のアルバムを発表。

2018年Internatinal Songwriting Competitionにて1万曲以上の応募曲の中から、2nd album収録曲Biorhythmがファイナリストに選ばれる。

2021年、自身初のアコースティックトリオMorphine Desert -trio acoustic-始動。

ヌビア(Cello)Nubia
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

6歳よりチェロを始める。

これまでにソロと室内楽をFrancisco Ochando、毛利伯郎、Sebastian Koloski、Naomi Butterworth、David Kenedyの各氏に師事。
横浜国際音楽コンクール、沖永荘一学術文化奨励賞など多数の受賞歴を持ち、現在ではポップスの演奏や即興演奏をメインとする。

またアニメ、ゲーム、企業広告、ブロードウェイの舞台等に楽曲を提供する作編曲家・作詞家でもある。
現在は三味線奏者のしゃみおと共に、和洋弦楽デュオ「3×4×S(さしす)」のメンバーとしても活動。

チェロ演奏・作編曲・プロデュースを手掛けており、リリースしたMVは120万再生を超えるなど、国内外へ全く新しいチェロの魅力を広げている。